FC2ブログ
 

お別れしました

ちょうど4年前に不思議な縁でうちに来てくれたななちゃんと
8月5日にお別れしました

熱中症だと思われる症状で
しんどい思いさせてしまったこと
もっと早く気づいて対処してれば
助けてあげられたかもしれないこと

後悔は尽きません

まだななちゃんの使ってたケージが片づけられなくて
もとの場所に置いてあるのですが
前を通るたびに自然に目がいって
ほんとうに、毎日ずっとななちゃんのことを見ながら
一緒に暮らしていたんだなあと
ぐずぐずと泣いています

ななちゃんはもともとよそのおうちの子だったのに
いままで飼ったどの小鳥よりわたしになついていました

きっと、もっとわたしと一緒にいたかったと思ってるよね
わたしももっと、ずっとずっと一緒にいたかった

ほんとうにごめんなさい

MTPE7243.jpg



以下は8/8のFBへの投稿の内容です
(一部編集してあります)


無駄に長いですが、
動物と暮らしておられる方は、ぜひ一読お願いします

ななちゃん、昨日火葬してもらいました
いまはうんと小さくなって、またわたしのそばにいます

ななちゃんはやはり熱中症で亡くなったようです
火葬してくれた業者の方が、「熱中症で内臓に炎症があると、焼いたら黒く残る」と仰ってたのですが
胸のあたりが黒い灰になっていました
(※これはネットで複数の方にご指摘いただきましたが、
火葬したあとで死因の特定はできないとのことです
あくまで葬儀屋さんの独自の解釈です)
頭蓋骨も嘴も背骨も、綺麗に残っていました

「今年は本当に、熱中症で亡くなったとみられる小動物の依頼が異常に多い」
とのことでした。
この日もセキセイインコだけで3羽めだと

毎日日中はエアコンを28度に設定して、気をつけていたのですが、
この異常な暑さで、小さな身体はあっという間に熱にやられたようです

日曜の午前中、部屋を自由に飛び回ってケージに帰り
いつも通り餌を食べたりして過ごして
変わった様子はありませんでした

昼頃様子をみたら、ちょっと身を縮めるようにしていたので
体調が悪いのか、と思い
お尻が汚れていないかチェックしました
その時、羽を膨らませていないことを不審に思わなかったわたしが全部悪いのです
(小鳥は体調の悪いとき羽を膨らませて保温する)

程なくしていきなり吐き戻して(求愛の吐き戻しとは違う)自分でも焦ったようにまた餌を食べては吐きを繰り返していました

体調が悪いときは冷やし過ぎてはいけないと思い込み
エアコンはつけたままケージにかけている布を1枚増やしました

その後すこし外出して、夜帰宅して様子を見たところ
もう立っていることもできず
羽で止まり木に引っかかっている状態でした

慌ててポカリスエットを水で薄めて飲ませたら
すごい勢いで飲んで
しばらくして動かなくなりました

最初に異変を感じたときに
熱中症を疑って調べていたら
助けられたかもしれない
まだわたしと一緒にいてくれたかもしれない

多分吐き戻したときには、かなりのダメージを受けていたはずで
その前に身体を冷やしてあげれば
苦しませずにすんだかもしれない

今更熱中症の対処を調べたところで
ななちゃんは帰ってこない
でもこうしていたら助かったかもしれないと
考えれば考える程
後悔が押し寄せてきて涙が止まりません

まだ暑い夏は続きそうです
動物と暮らしておられる方は、念のため熱中症の対処をお調べになって、備えておかれたほうがいいです
ななちゃんのように、運悪く病院が休診の時間に具合が悪くなって
翌日を待たずに亡くなってしまうこともあるかもしれません
エアコンをつけているから大丈夫と思い込まず
こまめに様子をみてあげてください
スポンサーサイト
  1. 2018/08/16(木) 20:06:41|
  2. インコ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<劇団態変『ニライカナイ -命の分水嶺』 | ホーム | 8月のわたくし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://cozytheremin.blog.fc2.com/tb.php/152-d448d9f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)